5月29日、私のネットショップのオープン時、真っ先にお祝いと激励のメールを頂き直ぐに私のHPとリンクして下さった「素敵屋 Alook」小倉社長と商談。
 「素敵屋 Alook」 http://www.stick-alook.jp/index.html
 リタイヤして3年、久し振りの背広にネクタイ姿でバス停に向かって歩くと、自然に背筋が伸び、気持ちがシャキッとして爽快な気分でした。
 この年になってこの気持ちの張りが味わえる幸せを感じ起業して良かったと実感。
 3年半ぶりにお会いして、商売に対する考え方、商品に対するこだわりに確固たる信念がありそれらが以前とぶれていないことに、3年間実業の世界から離れていた私には新鮮な驚きと感嘆が混じってお話をお聞きしました。
 さて、この美的感覚の鋭い方に満足して頂ける商品開発ができるか不安を感じながらも、「8月旧盆明けに第一回目の試作を提案いたします。」約束。
 ちょっと期限が早すぎるかな思ったが、自信の無いときは自分を追い詰めれば「火事場の馬鹿時力」的な発想も湧くだろう。ヤラナクッチャ!

*福祉の世界では新たな新商品が生まれたとき、その商品の機能などを転用して一般商品をどのように開発するかを「ユニバーサル・デザイン化」と呼ぶそうです。
 確かに私の商品もメーカーさんへの発注量は極々少なく、いつ生産打ち切りになるかとびくびくしてます。早く一般商品を開発してメーカーさんに恩返しをしなければとあせってます。
 私の今後の商品開発を知っていただくためにカテゴリーを「ユニバーサル・デザイン」にしました。要注目


人気ブログランキングへ

 5月15日のカンツォーネ「オー・ソレ・ミオ」の発表会には、高校の同期生K君、H君がつくば市から花束を持ってわざわざ応援に駆けつけてくれました。 
 以前ブログに登場して頂いた「女性の日記から学ぶ会」の島さんも駆けつけてくれました。
 音楽に造詣の深いK君の講評は、「65歳からの手習いにしてはまあまあさ。発声もそこそこだし後はためが出来るとよくなるよ。声はまあまあさ」なかなか本音の講評でした。持つべきは良き友。
 今年の発表会は連絡が遅くなり、昨年来ていただいた同級生はそれぞれ予定が入ってしまいさびしい発表会と思っていたのですが、賑やかになり感謝!
 今年、カンツォーネに挑戦したわけは?
 島村楽器の一大イベント「ユア・ステージ」があります。
 島村楽器 YOUR STAGE
 8月にサントリーホール・ブルーローズ(小ホール)を一週間借り切って全国のスクール生の発表会を開催しています。 
 一昨年サックス仲間の発表会の応援に行き、ステージのピアノに目は釘付け。
 憧れの「スタンウェイ」が置いてあるではないか!!
 一生に一度「スタンウェイ」を弾きたい。直ぐにピアノ科に入学。ピアノは正味3年くらい他所で習ってました。
 翌年2009年の「YOUR STAGE」にピアノとサックスでエントリー。 
 ピアノは途中で立ち往生して頭の中は真っ白。そこに孫の声が「じじ〜!」その声で立ち直り何とか完奏。
 サックスは後半自己陶酔するほどの音が出て「このすばらしいホールで歌いたい」と演奏中に思いました。
 早速「声楽科」に入学。
 先生の「入学の動機は?」の問いに
 「サントリーホール・ブルーローズでカンツォーネを歌いたい。もう一つの理由はイタリア・ナポリの居酒屋でイタリア人の前で「オ・ソレ・ミオ」をイタリア語で歌いたい。そのためにイタリア南部の旅行はとってあります。」
 そんな私の夢も「百瀬さん、今年のサントリーホール出演は声楽もサックスも抽選で外れました」
 私の発表会は先日の佐倉市民音楽ホールで終わり。来年再挑戦するか思案中。

20100515発表会
 5月15日佐倉市民音楽ホールで午前中は声楽(カンツォーネ)、午後サックスの発表会。二部門にエントリーして演奏しました。
 島村楽器 ユーカリが丘店が、今年はイオンモール成田店ほか3店合同のミュージックスクール生が一年間どの位努力したかの成果発表会。
 今年は5日前オープンしたHP開設準備で練習時間激減。 
 一週間前の音合せで伴奏の方が唖然。
 当日も舞台の袖で、「前奏からの出だしが分からない」と困っていると、伴奏のピアニストが「分かりました。貴方が出たいときに吹いてください。リズムも気にしなくても良いです。とにかく貴方が気持ち良く吹いてくれれば後は僕らが合わせてついていきますから。それがプロってもんです」
 いつもは、頭の中と足で「ここは4拍半休止、ここは八拍休止などと考えていると指が固まってしまい間違えるのが、今回はのびのびとマイ・リズムで気持ちよく演奏。
 吹き終わった後レッスン仲間が、「百瀬さんいい演奏でした。のびのびと良い音が出てました」ですって。
 私のでたらめなリズムを違和感なく合わせてくれていたんですね〜。
 プロは凄い。
 カンツォーネは次回のブログです。

 HP製作過程で、ある人が「新しく起こす会社の理念とか、百瀬さんのこの商品開発のエピソードとか、商品の込める思いなんかを書くともっと身近に感じるのは?写真を入れるとなお面白いね」と、アドバイスを受けました。
 早速書き始めると、3年間の思いが次々と湧いてきて文章は長くなるは、重複が多くなって、冗長で書いた本人が呆れるくらいの悪文。
 3〜4回書き直しても今度は削るに忍びなく大して変わらず。
 1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎ遅々として進まず。
 そうだ!同期生で本を何冊も上梓している友人がいるではないか!
 早速「女性の日記から学ぶ会」 (http://homepage3.nifty.com/josei-no-nikki/)
 代表の島利栄子さんに連絡を取り、事情を説明して「この悪文を換骨奪胎いかようにも料理してください」と、お願いし快く引き受けていただきました。
 帰ってきた文章は、快刀乱麻スッキリしすぎて「もう少しここは復活できませんか?」そんなやり取りがありHPの挨拶文が出来上がりました。
 私にとっては良い出来上がりの挨拶文、彼女から見れば「私が手を入れて、何でこんな文章なのよ!」と大不満だと思います。(後から注文つけすぎてゴメン)
 彼女の手を借りなければHP開設は遅れていたか、又は読むに堪えない挨拶文で恥をさらしていたでしょう。
 持つべきは良い友です。

人気ブログランキングへ

 浅草三社祭と聞くとそわそわしてきます。
 田舎から出てきて40年余、浅草雷門近くに事務所を構えていた会社に勤務して、三社祭の神輿を担いでました。
 3年前にも孫が授かってからは、孫に祭り衣装を着せて写真を撮るのが楽しみになりました。
 今年は小さな会社を起業したので縁起を担いで、孫の写真はそっちのけで神輿を
担ぎました。(三社の宮神輿ではなく町内神輿でしたが)
 それがな、な、なんと、雷門の前でハナ棒を担がせてもらいました。
 新会社も縁起が良いとご満悦な一日でした。


人気ブログランキングへ


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM