2018年04月17日 曇り  午後にわか雨 雨

 

 特別診察日。

 早めの血液検査をして、いったん自宅に戻り昼食後妻も同行して診察。

 感染値の数字は高位安定。

 体温も36.5〜36.8位で安定。少し動き過ぎると38.0前後まで上がるが午後休息を取って昼寝すると37.5前後まで下がる。

 主治医も「もうお互いの数字に縛られることはやめましょう。そこそこ動いて午後休息をとると数値は安定してます。次のステップを視野に入れて治療方針を考えましょう。

 従来の大腿部からカテーテルを入れて肝細胞がんの患部にたどり着き、抗癌剤を入れて栓をする化学塞栓術はもう使えないという認識でした。

 体への負担が少なく、確実にがん細胞を死滅させる塞栓術は私にとっては非常に大きな延命効果がありました。

 その反作用も小さくなく、術後の傷口が化膿して今回の長期入院となりました。

 これからは抗癌剤服用の副作用等の可否を調べてのステップとなります。

 妻も再入院が避けられたのでホッとしてます。

 退院後の自己免疫力を高める食生活も効果が出始めているのかね〜などと話し合っております。

 二人とも疲れた一日で、妻は夕食後直ぐ七時前に就寝。私も後片付けをして七時半に就寝。

 ブログはアップ出来ず、翌日早朝にになってしまいました。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします

2018年 04月14日 曇り 今にも泣きだしそうな曇り空。

 

 気は少しづつ張りつつありますが、体が全く動かず却ってアンバランスで苦しむ。

 先日の成田税務署へ行った日は帰宅してから疲れがどっと出て早々に7時頃妻の就寝時間に合わせて一緒に床に就く。

 22時半頃目覚めて其れからが寝付けません。

 日付が変わるまで未だ随分とあるな〜。

 病院でお会いした方から「こんな生活をしていると、私に明日は間違いなくやってくるかしら?と不安になることがあります」

 確かにあの日は日付が変わるのが大変気になり時計を見つめていました。

 こんな時は変な夢を見るものです。

 私の主治医は男性です。

 夢の中では、女医さんが担当でした。

 ギャアアアア 振り返れば口裂け女に化けていました。しかも左手には私の腸を2〜3メートルぶる下げていました。

 左手の腸を見て「白もつを食べたいが宜しいですか?」

 「お前はもうそういうものは食べられないよ。一生お粥とペースト状のおかずだよ」

 私は恐怖におののき、妻を起こして夢の話をしました。

 「もう、そんなくだらないことで起こさないでよ」

 なかなか寝付かれずに、1時間半ごとにトイレに行って時間をつぶしウトウトしてたら空がしらじらと明けてました。

 翌朝、「貴方はもう7時に寝ないでちょうだい。うるさくて睡眠不足よ!」叱責されました。

 スーパーの入り口横に軽トラで串焼き屋さんが出てます。

 正夢になっては大変。食べられるうちに食べておこうと開店を待って、白もつ、鳥皮、レバ、砂肝などを買い込んでお昼に食べました。感激、感動なし。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 04月13日 晴れ  風は弱し。

 

 昨日は懸案となっていた期日過ぎの確定申告のため成田税務署に出向く。

 退院時の領収書のコピーを持参して手続を済ませる。

 自分のPCの調子が悪く、3回も入力し直しでへとへと。

 半分以上をプリントアウトして、とらぬ狸の皮算用=20万円くらいの還付金を夢みて成田税務署へ。

 昨年はトランプ氏の大統領就任で相場が大きく荒れるとみて手持ちの株などを三分の二を売却。結構な源泉徴収金額でした。

 開口一番、3月15日の確定申告の締め切りは税金を納めていただく最終日です。貴方様のように事業所得が赤字の会社は期日関係ありません。放置しておいてもいいのです。

 又、かなりの還付金を期待しているみたいですが、配当所得は控除がありますが、株などの譲渡益については残念ですが事業所得の赤字とは通算できません。

 折角足を運んでいただきましたから、できるだけの控除を計算しましょう。結果は無残5万円弱。

 タヌキは木の葉に化けてしまいました。

 帰りの電車の中では疲れがどっと出て、生あくびばかりが連発して出てました。

 疲れましたね〜。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。

2018年 04月11日 曇り 強風  風強い一日。

 

 風強い一日。

 妻は「こんな風の強い日は一人でいるのが怖かった。今日はいくら吹いても貴方がいるから平気よ!」

 2か月間の留守はストレスが一杯溜まっていたみたいで、退院してから顔つきが徐々に穏やかになってくる。

 そうでしょうね。こんな風の強い日は男でも切なくなりますもの。

 退院してはや5日目。もうぼつぼつエンジンが掛かってくれないと困るんですがね〜。

 私も60日余の入院は初めてです。

 今までは7日から長くて11日くらいの入院でしたので従来と変わらないハリと動きでしたが、ここまで長い滞在は未知との遭遇ですよね。

 シェフを任されているので、生きるため食事は作らなければなりません。これが辛うじて気力を引きずり出してくれます。

 妻曰く「貴方が無気力だと財布が全然減っていかないわね。これも寂しいもんですね。あれ食べたい!これ食べたい!と言って材料買い出しに行って作れるようになるにはあとどのくらいの日数が必要かしらね」

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 04月10日 晴れ 風は冷たい。

 

 ガス抜き退院して4日目、今日は特別診察日。

 昨日は孫娘の小学校の入学式で、朝8時前に家を出る。

 マンションの前の公園でパパ、ママと手を繋いで登校するSちゃんと行き会う。

 「あっ!お爺ちゃんだ!」と駆け寄って飛びついてくるのですが、2カ月余の入院ですっかり体力の落ちた私は抱きかかえることができませんでした。

 先日会った時の顔とは違って、”私は今日から1年生よ!と引き締まった顔をしていました。

 10時半校長先生の挨拶が終わったところで、中座して帰宅。

 疲れました。

 帰宅して一休み。3時頃突然足がつり始める。弁慶の泣き所の方で猛烈に痛いし上手くマッサージも出来ず転げまわる。

 体力が落ちたのを実感。

 

 今日は本来は主治医の診察日ではありませんが、完治しての退院ではないため、暫らくは火曜日に特別診察をしていただく。

 採血結果は、退院時よりほんの僅かですが感染値は改善されている。

 体温も36.5度から36.8度くらいで落ち着く。

 診察を終えた主治医は却って頭を抱えて今後の治療方針の策定に悩む。

 妻と二人で自宅に帰ってきて落ち着いて自己免疫力が高まったと確信。

 又、食事も免疫力を高める食材を務めてとるように努力してます。

 でも疲れます。

 次回金曜日の結果が楽しみです。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM