2018年 10がつ13日 曇り時々雨。

 

 2〜3日前に病院でお知り合いのなりました「ホス友」のOさんの事を書きました。そのOさんの集落の秋祭り。

 朝からお誘いと確認の電話あり。

 昼頃と夕方には何度も電話を頂きました。

 娘たちはおっとりと構えていて、寒いから9時からの餅撒きに間に合うように8時に出ようと頑固でした。

 Oさんもヤキモキして電話をくれました。

 さぁ、着いてみるとお祭りの餅撒きは終了してました。

 雨が降って来そうなので早めたとの事。

 でも、娘たちの御餅はOさんが確保しておいてくれて夫々に渡してくれました。

 少し先で、「神様にお供えしたお赤飯がまだ残っているよ。お持ち帰りください」

 Oさんが我々ファミリーを連れて行ってくれて「俺の知り合いだから頼むよ」と声を掛けてくれました。

 お赤飯を入れる袋が無くもたもたしていると横から見知らぬおばさんが袋を渡してくれました。

 田舎の純朴さを充分に感じ満足しました。

 御餅拾いは出来ませんでしたが、Oさんとその集落の皆さんの暖かい純朴な心をたくさん拾わせていただき帰りました。

 感謝!感謝!

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

2018年10月12日 雨のち曇り。

 

 週1度の定期外来診察日。今日は妻も同伴。

 朝は看護師の次女から末期肝硬変、肝臓がんのためのサプリの情報がメールで届く。

 「診察の時主治医に聞いてね」

 診察時、「具合はどうですか?」

 「咳が苦しくて困ってます。咳さえなければ生活が楽ですが。30〜50m普通に歩くと咳込ん呼吸が苦しくなりぐったり疲れます」

 妻からのリクエストで肺への転移を心配して、X線とCTを割り込んで撮って頂く。また新たに血中アンモニア濃度も見てもらう。

 すべて問題なし。保護者同伴もよいものです。

 来週は呼吸器内科の診察を受けて在宅酸素をどうするか主治医と呼吸器内科の先生と相談。

 さて今日の見出しの悪だくみとは、元の会社の近くにフランス風ロシア料理「ボナフェスタ」という名店があります。娘たちが中高生の頃家族でランチやディナーに出かけました。

 娘たちが「お父さんの元気なうちにも一度ファミリーで行こうよ。夫々の旦那たちは食べて無いしさ!」と言う話が纏まりました。

 「いいね!御馳走してあげよう。お父さんの都合の一番良い日は10月の28日のランチだよ」

 「ランチの後、先日の続きの田中貴金属でウィーン・ハーモニー金貨を買うから銀座に行くよ」

 田中貴金属から同期会の会場は200m位。すぐ玄関まで送ってもらえます。

 船頭が二人いると碌なことがありません。お互いの手違いで予約を取れたものをキャンセルしてしまいました。

 今日、慌てて電話するも万事休す。

 我が企みは水泡に帰す。

 さて、後2週間余でどのくらい回復するか?????

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 10月11日 爽やかな秋晴れ。

 

 築地市場が83年?の歴史に幕を閉じ10月6日に閉場しました。

 一番記憶に残っているのが「阿部整骨院」。

 築地市場は商売柄、重い、冷たい環境で市場で働いている方々は大勢が腰痛を病んでいる方が多いようです。

 それだけに藪はお呼びでなく名医が多いようです。

 ぎっくり腰をやり動けずにヒーヒー言っていると、会社のお偉いさんが「築地市場の阿部整骨院へ行ってきなさい。行くときはTAXIでも帰りは地下鉄で帰ってこれますよ」

 これも一部は業務命令かと半信半疑でTAXIに乗り行きました。

 これは驚き!本当に楽になり帰りは地下鉄で帰れました。

 15年か20年何かとお世話になりましたが、先生も寄る年波で引退してしまいました。懐かしい思い出ですね。

 後は場内の食べ物屋さん。和食のKは「刺身」が美味しいお店でした。それ以上に堪能させてくれたのが「煮魚定食」でした。

 汁は濃い色ですが塩辛くなく、絶妙な味。白身魚は箸でほろほろ、口の中でぽろぽろ。魚が食べたくなると「かとう」さんに飛び込んだものです。

 後は、牛丼の吉野家1号店。ここが原点でチェーン化が始まったのです。

 寿司は場内は混んでコスパが悪く、身近にいいお寿司屋さんに恵まれたものですから入らなかったですね。

 築地から豊洲にはどんな店が移ったか楽しみですね。

 今度はグルメ通りがあり、ほぼ1か所か2か所に集まっているようですから知らなかったお店もあるでしょうね。

 今日の豊洲市場オープンに際して50前後の社長さんたちは「これから豊洲市場を100年以上持たせるために我々の試練の第一歩が始まります。

 その言や善し。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 10月10日 晴れの特異日ぴったり当たり。

 

 東邦佐倉病院に入院中に食事をご一緒したりしてお友達が増えていきます。

 先日、携帯がプルルル、プルルルとなりました。

 先々月東邦佐倉病院でご一緒したOさんからでした。

 「百瀬さん、東邦でご一緒したOです。あの時お話しました私の生まれた実家の八幡様のお祭りが10月13日(土)です。お話しましたように2俵のコメを炊いて御餅にして社の上から撒きます。是非お孫さんとご一緒に餅拾いに来てください。4時半から餅つきが始まり5時半頃黄な粉餅、餡子餅の搗き立てを食べて、9時から餅撒きです。というお誘いの電話でした」

 嬉しかったですね。

 5分くらいして再度Oさんから電話で「言い忘れましたが、各人が大きな袋を持参してくださいね。遠慮して小さな袋では入りきれませんよ。この事をお伝えするのを忘れたので電話しました。では当日待ってます」

 13日は婿殿は急な休日出勤。帰りは遅いみたいです。

 私が咳込んで体力消耗、頭も貧血のような状態です。

 先日買い物に行くのに車で出かけ左側を2か所程擦ってしまいました。今までに無い大きな傷です。

 妻は「兎に角退院してからの運転は怖いよ。スーパーの買い物以外には乗らないでね」ときつく言い渡されました。

 孫を連れての八幡様の餅撒きもきつくご法度です。

 明日、Oさんには御断りの電話を入れて、折角のご厚意に添えないことを謝ろう。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。  

 

2018年 10月09日 晴れ爽やか。

 

 最近、ニュースで世間をにぎわせているのが中國の女優「ファン・ビンビン」さんの脱税ニュースです。

 146億円の追徴課税が決まったそうで釈放されたとか?

 習近平の親族は3000億円とも5000億円とも言われる巨額資金をタックス・ヘイブンの島に資産を逃避させたとか?

 あの清廉と言われた温家宝元首相でさえ2000億円を超える資産を海外に逃避させたとか?

 兎に角、中国共産党幹部のやる事は一般庶民には無縁な巨額資産の海外逃避です。

 それを彼らから見ればかわいい146億円の脱税で軟禁して恥をかかせて再起不能?な状態にまで追い込んでしまう。

 人の上に立つものは、自身の身辺を清廉潔白にして後ろ指を指されないようにするという教えは中国から教えられましたが、本家ではそんな道徳はとっくの昔に、政変による新しい国の興隆の戦乱で弊履の如く踏みにじられて忘れ去られたのでしょう?

 今や、中華人民共和国の存在自体が人類の敵に成りつつあります。

 一帯一路政策で高金利で支払能力以上のお金を貸し付け、支払いが不能になるシナリオを書いて、スリランカのように支払いが不能になると相手国の港湾や社会インフラを99年間の租借地として取り上げてしまう。

 あまりにもやり方が悪徳過ぎますね。

 アフリカ諸国にも同じような悪徳高利貸しの被害が出始めたみたいですね。

 中国と韓国はゴールポストが次から次へと移ってしまう厄介な国ですね。

 韓国の場合は日本への対応が主??ですからまだかわいいんですが、中國の場合は世界中でこれをやってますから厄介ですね。

 空咳で食欲不振、体力消耗で苛ついているものですからこのような文章で申し訳ございません。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM