2018年 10月11日 爽やかな秋晴れ。

 

 築地市場が83年?の歴史に幕を閉じ10月6日に閉場しました。

 一番記憶に残っているのが「阿部整骨院」。

 築地市場は商売柄、重い、冷たい環境で市場で働いている方々は大勢が腰痛を病んでいる方が多いようです。

 それだけに藪はお呼びでなく名医が多いようです。

 ぎっくり腰をやり動けずにヒーヒー言っていると、会社のお偉いさんが「築地市場の阿部整骨院へ行ってきなさい。行くときはTAXIでも帰りは地下鉄で帰ってこれますよ」

 これも一部は業務命令かと半信半疑でTAXIに乗り行きました。

 これは驚き!本当に楽になり帰りは地下鉄で帰れました。

 15年か20年何かとお世話になりましたが、先生も寄る年波で引退してしまいました。懐かしい思い出ですね。

 後は場内の食べ物屋さん。和食のKは「刺身」が美味しいお店でした。それ以上に堪能させてくれたのが「煮魚定食」でした。

 汁は濃い色ですが塩辛くなく、絶妙な味。白身魚は箸でほろほろ、口の中でぽろぽろ。魚が食べたくなると「かとう」さんに飛び込んだものです。

 後は、牛丼の吉野家1号店。ここが原点でチェーン化が始まったのです。

 寿司は場内は混んでコスパが悪く、身近にいいお寿司屋さんに恵まれたものですから入らなかったですね。

 築地から豊洲にはどんな店が移ったか楽しみですね。

 今度はグルメ通りがあり、ほぼ1か所か2か所に集まっているようですから知らなかったお店もあるでしょうね。

 今日の豊洲市場オープンに際して50前後の社長さんたちは「これから豊洲市場を100年以上持たせるために我々の試練の第一歩が始まります。

 その言や善し。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM