2018年 03月17日 晴れ  寒気の揺り戻し。寒かったぁ〜。 

 

 今日は長女一家の孫娘の卒園式でした。

 婿さんが車で迎えに来てくれたので妻も出席です。

 孫娘が入場してきて、卒園証書を受けとるときパパ、ママ、爺婆は眼がウルルン。

 少し予定日より早く産まれて未熟児で鼻に何本も管を通されていたことを思いだし感慨ひとしおでした。

 出産した病院には未熟児室がなく、かなり離れた病院まで一日2回母乳を届けるのが私の日課でした。

 その苦労が報われ優しい子に育ち、先月の入院の時にはお手紙と折り鶴を贈ってくれて、ベットの枕元に飾り勇気付けられたものでした。

 妻と二人で、孫達の成長に追いかけられて病気だなんていってられないね。病気を追い払って長生きしなくちゃねと、お互いに励ましておりました。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。

 

  

2018年 03月03日 晴れ 春のような暖かいいち日。

 

 いやぁ〜、1カ月近くの入院は体力が見事に衰えますね。

 普段何気に移動しているのが、病み上がりには大変な重労働なんですね。実感しました。

 すぐ足がガクガクして腰が痛くなってきます。

 それでも、退院が決まった日から、おじいちゃんの退院祝い、長女、次女夫々の孫娘たちの誕生祝兼桃の節句を盛大?にやりました。

 「お父さんは疲れが出るから寝ていていいからね!私達が料理を買って行くからそれを並べるてパーティをやろうね」

 妻からは長女の三日後に6歳になる孫娘Sちゃんからの伝言で「鳥の骨付きリブの塩麹漬け、枝豆」のリクエストだったわよ」

 次女夫婦には正月来宅の折にと思ってタラバの蟹脚を用意してあったのですが、最近小5の男の孫が今年の正月から蟹にはまってしまい、慌てて退院後直ぐに北海道より取り寄せ。

 妻は「あの子たちは普段の食事量+αだからあてにしているとさびしいパーティになるよ」と盛んに警戒。さっさと赤飯の準備を始めてました。

 私も、鳥の骨付きリブ、枝豆を買いこれではT君がお腹一杯にならないだろうと牛肉の焼き肉用も買い込み、ひな祭りだから蛤も買って早速仕込みに入る。

 私は肉の臭みを抜くと同時に旨味も増すので一旦日本酒に30分程漬け込みます。

 その後鶏肉は塩麹に、牛肉は焼き肉のタレに漬け込んで準備完了。

 流石、男の子。肉を食べる幸せそうな顔、特に牛の焼肉は弾んでいました。

 妻と二人で、あの顔と食べっぷりを見たら我々も満足で疲れも吹き飛ぶね!。

 下の6才に間もなくなる孫娘のSちゃんも部屋に入るなり、あっ、イクラの臭いがする!おじいちゃん用意してくれたの?どうもありがとう。

 たっぷりと白いご飯に乗せて大満足な顔でした。妻と私もニコニコ顔。

 次女の2才を迎える孫娘も幼児保育で鍛えられてすっかり会話になりつつあります。

 各々の孫娘に恒例のウィーンハーモニー金貨4分の1オンスをプレゼントしておじいちゃんの役目を終える。

 疲れきって昨日のブログがこんな時間になってしまいました。

2017年 12月23日 晴れ 朝夕も風もなく穏やかな天皇誕生日。

 

 明日はクリスマス・イヴ。

 久しぶりに長女一家と次女一家が全員集合で賑やかなクリスマス・パーティーになりそうです。

 小5の孫、Tちゃんはここにきてすっかり男の子になりました。

 肉が大好物になり、よく食べます。

 Tちゃんのリクエストに応えて明日は手作り料理のメインは特製ビーフ・シチューです。

    

 私のビーフシチューは2日半煮込みますので、肉が溶けて形が無くなってしまいます。

 すね肉はぼそぼそしますので「牛ばら肉大角切り」を買ってきて、適当な大きさにカットして4面を焼き上げます。

 その後タコ糸で巻いて縛り上げます。

 隣は玉ねぎのみじん切りです。大玉2個をみじん切りにすると大皿2枚となります。15分間チンして(2皿ですから2回、30分かかります)

 これをバターでゆっくりと炒めてペースト状になるまで炒め続けます。

 ここまでの下準備ができればビーフシチューも半分出来上がりみたいなものです。

 お肉はフライパンでニンニクを香らせて赤ワインで炒めていきます。

 玉ねぎのペースト状になった鍋にお肉を移し、セロリ、松本一本ネギ、玉ねぎの皮を入れてひたすら中火で3時間ほど煮込んでいき、灰汁が出たら丁寧にとります。

 ルーやっその他の調味料で味付けします。

 コンロで2〜3時間、石油ストーブの中火でひたすら就寝するまで煮込みます。

 明日も3〜4時間以上煮込んでいきます。

 このような仕込みのビーフ・シチューもあと1年位でしょうか?

 根気が無くなりつつあります。

 さて明日の皆さんの評価は如何に?

 

 人気ブログランキングへ  

 ここをクリックお願いします。

2017年 12月09日 晴れ お天道様は出てましたが気温の上がらない一日。

 

 久しぶりに長女一家の来宅。

 退院以来初めて。

 尤も上の小5の男孫はクラブ活動に忙しく土日はへとへとになり、今迄のように午後からママと妹と一緒に電車に乗っておじいちゃん宅へ来る元気も残ってないようです。

 今日はパパが休みで車で来たものですから来てくれました。

 夕食までの間炬燵に入って寝ていました。よほど疲れてたんでしょうね。

 それでも顔を合わせるなり「おじいちゃん元気そうで一安心だね!!」なんて生意気なことを言ってました。

 幼稚園年長さんの妹はお兄ちゃんの真似をして「おじいちゃん元気で良かったね!!」

 ここまでは上に衣を着ていました。その内に衣の下から鎧がチラチラ、何かと見ると「トイザラス」のカタログでした。

 「おじいちゃん!クリスマスはこれをお願いね」この用事でしたら今日がリミットでしたでしょうね。

 クリスマスは次女一家も来宅して24日に集まるそうです。

 次女の処の女孫も幼児保育で人見知りが全然なく、最近の電話も大きな声で「ジージ、アンパンマン!ばい菌マン、ピーマン」としゃべっておりました。

 24日が楽しみです。

 

  寒さが本格化してきました。

 月下美人の温室と言うには恥ずかしく、避寒小屋がやっと出来上がりました。

  

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。

2017年 11月22日 晴れ 朝方日が覗く 曇り 昼前から曇り

 

 食道静脈瘤の措置が完璧で、一回だけで済んだので今日退院できました。

 病院の一歩外に出ると、冷たい風が吹き付けて、こんなに冷え込んでいたんだ。

 久しぶりの世間の風は冷たかったです!!

 入院中は、重湯、三分粥、五分粥、全粥とお粥だけで過ごしましたので白いご飯に飢えておりました。

 お昼は勿論白いご飯。

 おかずは入院前作っておいた葉唐辛子の佃煮、納豆、はやと瓜のQちゃん漬け、帆立ときのこの南蛮漬け。

 炊き立ての白いご飯を茶碗に盛るとあのご飯の良い匂い。この匂いだけで涙が出てきました。

 白いご飯を口に入れるとあの甘いお米の味、口に入れただけでもう陶酔。

 瑞穂の国、日本人で良かったなぁ〜。

 夕食は、入院中ベッドの上で夢見た中トロと鯛のお刺身。刺身を口に入れてご飯も口に入れると、口の中は田園交響曲。

 これまで12回入院しても、手術の翌日から通常食でした。

 今回は術後4日間は絶食。水も一日200cc位。

 その後二日半は重湯に魚も肉もペースト状のおかず。

 猫だってもっといいものを食べてらぁ〜。

 その後、三分粥、五分粥、全粥と移行しましたが、とうとうご飯粒は一つ粒も口に入れていません。

 そんなんで、白いご飯に飢えていました。

 今日の昼食、夕食は兎に角白いご飯、涙を流して美味しかったし嬉しかったですね〜〜〜。 

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM