2013年12月3日晴れ穏やか。
 久し振りのリハビリ日。
 最初は肩の故障、その次は膝の治療、腰痛、今日は膝の治療を短縮して足のくるぶし周辺の痛みの治療。
 リハビリの先生から頂いた「穂高岳・涸沢」の紅葉の写真で、「死ぬまでにもう一度涸沢の紅葉を見てから死にたい」
 夢に火がついて、金曜日妻の送迎付きのリハビリをやっている時間に、2時間ほどウォーキングを開始。
 2時間だと上高地・河童橋から徳澤園までか。足りないなぁ〜。
 2回目にして、足のくるぶしから下が痛みだす。
 「百瀬さん、いくら気が早ってもお年ですからいきなり2時間は無茶ですよ。
膝の痛みをかばって気が付かない程の変則歩行が痛みになってきますから。もう少しゆっくり鍛えてください」

 午後は声楽レッスン。
 来年のサントリー・ホールに向けてのレッスンが今までになく教える方に熱が入ってます。
 レッスンの終わりころ、「百瀬さんん、歌の最後のクライマックスの身振り手振りを今から練習しておきましょう!」
 「ダサいから腕で拍子をとらない。長崎の平和記念像のように左手は空に向かう。右手は横少し前方を指す」
 「こんな感じですか?」
 「それでは、寅さんがタンカ売をやる手つきでしょう」
 「じゃぁ〜、こんな感じ?」
 「それでは、棟上げ式にまくお餅を拾おうと言うさもしい手つきよ」
 「先生も田舎出身で古いね〜」
 その内に、「挨拶のお辞儀はどうしています?」
 「タキシードだからもうちょっと格好つけたら?右手はお腹に置いて、左手を上から斜めに下におろす」
 「こんな感じですか?こんな気障っぽい挨拶は私には似合いませんよ。何だか寅さんが腹巻に手を置いて”おいちゃん、お願いします”とか、”タコ社長宜しくお願いします”てなもんで、おちゃらかしている格好すよ。
 先生笑い転げて、レッスン終了の挨拶もできず。
 
 人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。


2013年4月16日晴れ半袖でも良い陽気。
 昨夜、次女が久しぶりに帰宅するので、タケノコご飯を作ってあげようと、昨日は朝4時起き、5時待ち合わせでタケノコ堀に。
 このところ雨が少なく収穫意外と少なし。
 昨日の寝不足がたたり、今朝はゆっくり起床。
 久しぶりの声楽レッスンなので、多少予習をしていかないと先生に叱られます。
 いろんな雑用が出てきてなかなか家を出れず。
 「声楽の予習をしていきたいので、もう雑用お断りです」
 「了解。ところでお父さんどこで声を張り上げてレッスンするの?」
 思い当たる場所がないままとっさに、「霊園の広場かな?」
 「へぇ〜、生きた人には聞かせられるレベルに達してないんだ!」
 数秒後、「んっ?」
 頭の回転が鈍ってきましたね。年ですかね〜。悲しいですね〜」
 結局、車の中で大声を張り上げて発声の準備運動。
  レッスンルームに入るなり先日のリサイタルの話をし、先生からは花のお礼を言われて事なきを得る。

 人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。

2012年12月11日晴れ風、殆ど無風だが冷える
 声楽のレッスン日。
 教室に向かう間、このペースだと来年も土壇場まで歌詞の暗記が出来なくておたおたするな〜、なんて考えながら歩いてました。
 先生にお話しすると、「まぁ、本番に強いことが分かったから心配はしてませんが、そういう事ならニンジンをぶら下げましょう。来週までに今日までの歌詞を一発で諳んじたら、次の週25日にクリスマスプレゼントを考えましょう!」
 ここまで、発奮させてくれているんですが、肝臓の病気をしてから根気が無くなってしまい、本人は大分戸惑い、焦ってます。
 シャープさが戻るかしら???

 今晩は高校の同郷出身者の会(郷友会)忘年会。
 今回まで自重して欠席させてもらいました。
 正解でした。
 風邪の初期なのかなぁ〜?
 今日はこれにて失礼します。

 人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。 

2012年7月7日雨べとべとと蒸し暑い日。
 今日は七夕。1日雨で夕方より激しく降ってきた。1年振りのデートは駄目でしょう。
 今日は、島村楽器の、ユーカリが丘店、成田店、イオンモール店、3点合同のスクール生の発表会。
 自宅から30分の「プリミエール酒々井」にて。
 昨年は妻の発病でエントリーしていたが欠席。初めての会場でした。
 今年は何故か燃えず、3日の音合わせにも歌詞は出て来ないは、2番の歌出だしのメロディラインが狂っているわで散々。先生も呆れかえって頭を抱える。
 今日も会場に着くまで車の中で歌っていったが、3回に2回はメロディが外れている。メロディに神経を集中すると後の歌詞が出て来ない。
 会場で先生に話すと、「恥ずかしいけど譜面台を使う?」「いえ、それだけは先生に恥をかかせますから止めます」
 「そう。だったら1番の歌詞を2番も同じ歌詞で歌ったら。気が付く人はほんの一握りだから」
 ずいぶん気が楽になりました。
 いざ、本番。2番への伴奏中も1番か2番の歌詞か迷ってました。
 ちゃ〜んとメロディラインもしっかり、歌詞も1番、2番パーフェクトに歌えました。
 先生、「百瀬さん、ちゃ〜んと歌えたじゃないの!あなたがイタリア人だというのをすっかり忘れていて心配して損しちゃった」
 後は、8月8日のサントリーホールの「YOUR STAGE」に向けて最終調整です。

 人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。

2012年6月5日曇り一日中どんより。台風の影響か?
 午前中早めに歩行訓練で総合公園へ。
 12:00より声楽レッスン。
 島村楽器主催の「YOUR STAGE 2012」のチラシが出来上がり。
 8月3日〜9日 ブルーローズ(サントリーホール・小ホール)で公演。
 チラシの一部に、昨年の出演者700名余の中から選ばれた8名のコメントが掲載され、その中に、私のコメントが載ってました。
 
 読むだけで胸が熱くなる。音楽への想いが伝わってくる。
 100文字のYOUR SUTAGE
 紹介します。
 2年前SAXでこのステージに立ちました。あまりの音響の素晴しさに、「このステージでオー・ソレ・ミオを歌いたい」 
 翌週声楽のレッスン開始。昨年は抽選漏れ。今年夢が叶いました。
 更なる夢は「ナポリ」の居酒屋で歌う。  

 ちょっぴり自慢してしまいした。

 人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。
 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM