2017年 5月16日 曇り時々晴れ 天気予報は洗濯指数◎でしたが・・・

 

 私のSAXの原点は「YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO」をSAXで格好よく吹きたい。が夢でした。

 今から10年ほど前の最初の「サントリー・ホール ブルーローズ」のステージがこの曲でした。但しテーマだけでアドリブはなしでした。それでも間違えましたけどね。

 73歳、人生の残り時間と腕を考えるとこの曲をアドリブ入りで演奏したい!この一心で先生に2年ががりで結構ですからこの曲をレッスンさせて下さいと頼みこみました。

 テーマ部分は何とかなったのですが、アドリブに入ると俄然歯が立ちません。

 「百瀬さん、今の腕ではこの本の楽譜は2年たっても無理です。1年間、一日2時間以上レッスンするならばなんとかなりますが現状では無理です。SAXを初めて1年後の方が今よりも上でしたよ。(そうです。SAXを買ったときは嬉しくて毎日2時間くらい吹いていましたものね)百瀬さん今の腕にあった楽譜本はこれです」と見せてくれました。テーマ曲だけでアドリブなしでした。

 「この中から選んでレッスンしましょうね」

 選んだ曲は「ゴッドファーザー 愛のテーマ」です。

 この曲には思い出があります。

 家から20分ほどのところに「イタリアン・カステッロ」があります。

 15年か20年前は、仕事が一段落するとマスターは食事中のテーブルを回りギターの弾き語りで盛り上げてくれました。

 私のテーブルに来た時は、リクエストを聞かずに「ゴッドファーザー 愛のテーマ」引き始めます。

 何回通ってもいつもこの曲。たまには別の曲を弾いてくださいとリクエストを出しますが流れる曲は「ゴッドファーザー 愛のテーマ」

 マスターが、貴方が店のテーブルに座っている雰囲気を見るとこの曲、「ゴッドファーザー 愛のテーマ」しか思い浮かばないのよね」と言いながらこの曲を弾き始めるのです。

 そんなマスターも息子さんに店を譲り、他の店で弾き語りをやっている時期が長くありました。

 今は土曜日のディナーには弾き語りをやっているようですが他の人がほとんどです。

 今から3年前、私の古希の祝いを「カステッロ」孫も含めて8人でやりました。その日は運よくオーナー(元のマスター)が弾き語りでテーブルを回ってました。

 やはり私達のテーブルでは「ゴッドファーザー 愛のテーマ」でした。

 オーナーが「今日ほどこの曲がふさわしい日はないね」と言ってくれました。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2016年 06月12日 晴れ今日も梅雨の中休み。

 今日まで晴れ。朝の歩行練習の付き添いを休んで「ちりめん山椒」を作る。仕上げの天日干しのチャンスが今日しか無い!!!
 6時から煮詰め初めて最終の天日干しまで4時間半。
 其の後、今日のSAX発表会の最終仕上げで練習。
 部屋のカーテンを閉めてクーラーをかけて泥縄で練習。
 昼食後発表会会場へ。8番目の演奏。
 伴奏合わせが出来なかったので今日が初めての伴奏付けての演奏。
 島村楽器の御嬢さんがわっざわざ伴奏合わせの日に私の為にCDに録音して来てくれました。例年伴奏合わせは2回だけなのにCDがあり今年はラッキー。
 そこそこの練習で自信を持ってステージに。
 伴奏が始まる。エッ!CDと出だし違うじゃん!!!!!!頭の中が真っ白に。
 出だし4小節は驚愕で指がフリーズ。落ち着いて3小節ただ聞いている内に伴奏に乗れた。その後は順調に演奏を終わる。
 演奏後、音だし室でSAXの手入れをしていたら、昨年記念撮影の時に言葉を交わした女性とばったり。
 「今年は裕次郎ナンバーじゃなかったですね」「えぇ、本当は『北の旅人』を吹くつもりで楽譜も用意しレッスンを始めたのですが途中で先生が『易しすぎる曲だね』と言う事で急遽『いい日旅立ち』になったんです」
 「出だしつまづいてましたが、直ぐに曲に乗ったのは流石でしたよ。音が柔らかく素敵でしたよ」と褒められました。
 其の後部屋に入って来た方にも『裕次郎ナンバー止めたんですか?』と聞かれる。
 皆さん真剣に聞いていてくれるんだと感心。この方は偶然に私のブログを見ていて下さり、「1年振りとは思えない親近感が有りますね」ですって。感激しました!!!
 夕方「ちりめん山椒」の取り込み。味見をして見ると例年より塩辛さが目立つ。醤油を変えたせいかな?
 一茎庵・庵主に教えを請わなければ。
 疲れた一日でした。
 おやすみなさい。

 人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。
 

2016年 03月13日 曇り寒い一日。

 春の暖かさを知ってしまった体には、今日の寒さは真冬以上に震える寒さでした。
 1か月余振りにSAXのレッスンに通いました。
 例の抗がん剤の副作用の余波はまだ続き。右手の親指、人差し指、中指が象の足裏の様に硬く厚くなり感覚が出て来ていません。
 島村楽器・ユーカリが丘店の店員さんたちも「お久し振りです。どちらに行ってらっしゃったんですか?」
 皆さん、海外旅行へ行ってのレッスン休みと思っているみたいでした。
 「へぇ〜、ちょっと三途が原へ花見に行ってきました。今まで見た事のないような綺麗な花が一杯咲いてました。丁度行っていた時に春一番の大嵐になり向こう岸に渡る船が欠航になったので戻ってきました」 
 「又、百瀬さん冗談を!そんな明るい元気な声では三途が原の立ち入り禁止ですよ」冗談を解す子がいるのは楽しいですね。
 SAXの先生にはレッスン時間の半分を経過説明しました。
 ロング・トーンを吹いていると全然触っていなかったSAXが鳴ってくれました。嬉しかったですね!!
 曲のレッスンに入り、入院前にやっとものにした2小節が全く元の木阿弥、酷いリズムでした。
 「リズム感まで病気にかかってしまいましたか?」
 「いいえ、薬の副作用でリズム感が狂ってしまいました」
 「狂えば正常に振れるはずですがね〜」

 人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。
 

2015年11月03日 明け方まで雨8時頃まで曇り日中は流石晴れの特異日晴れ

 文化の日。文化勲章親授式、その後の記念撮影晴れてよかったですね。
 大村 智教授の記者団とのやり取りなかなかウィットに富んでましたね〜。
 「今日も奥さまのお写真とご一緒ですか?」
 「そうですよ」と言ってモーニングの内ポケットを探しますがなかなか見つからない様子。
 「恥ずかしがっていてなかなか出てこないよ」
 このやりとり、好きですね〜。

 さて、私のSAXのレッスン、昨日は雨降りでした。
 普段は雨降りは練習はやらずに「ららぽーと」へ行って、妻のリハビリが終わるまで時間をつぶします。
 昨日は、裕次郎ナンバー「北の旅人」の楽譜が手に入って、早く吹いて見たくてうずうずしてました。
 雨何てなんのその、SAXを抱えて公園の東屋へ。
 雨で空気が湿っているので、SAXの音色もしっとりと落ち着いた音色が出るんですね。
 今迄、雨の中で吹いたことが無かったものですからとても新鮮に感じました。
 「北の旅人」のムードに合った落ち着いた音色で痺れましたね〜。
 良い収穫の日でした。

 人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。


 

2015年10月06日 晴れ爽やかな秋晴れ。

 公園も夏の子供たちの喧騒から解放されて静けさを取り戻してきました。
 1か月半位は、いつもの公園は子供たちの遊び場となり、保護者の井戸端会議の場となり、親子の絆の場となりSAXを吹いて邪魔するのがはばかれる雰囲気でした。
 先週位から落ち着いてきましたのでSAXのレッスンを始めました。
 ところが、いくら吹いてもSAXが鳴かないんです。
 選び抜いたリードケースからとっかえひっかえリードを変えるんですが濁った籠った音しか出ません。
 イライラしてストレスが貯まります。1時間も公園にいないで立ち去りました。
 レッスンの時も良い音が出ません。
 ストレスで顔が引きつって来たのが分かりました。
 先生が、「百瀬さん、七千円投資しないですか?プラスチックのリードと専用のリガチャーを使えばスーッと音が出てストレスから解放されます」
 「出します!、出します!」

   
 左がプラスチックのリード。右が従来の竹製リード     左が専用リガチャー。右が従来のリガチャー。
 リガチャーとは、リードをマウスピースに固定させる帯状の器具。プラスチックのリードには何故かゴムのリガチャーが合う。金属製だと良い音が出ない。

 
 驚くべし!プラスチックリード。苦労無く音が出ました。
 購入して2日後、公園で吹きましたが、何の苦労もなく伸びのある音が出ました。
 ストレスも無く、吹くのが面白くあっという間の2時間でした。
 落ち着いてレッスンが進み、少しは上達するかしら???

 
人気ブログランキングへ
 ここをクリックお願いします。
 
 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM