2018年 10月16日 

 

 頭の良い人は、配線が緻密なのか良く気が回るために色々なケースを考えついて自己防衛をするんですね。

 来年10月01日から消費税の8%から10%へ2%のアップを実施する旨、政府の宣伝工作が本格化しました。

 その中にコンビニでの食品の買い物で、持ち帰りなら8%の消費税、イートイン(店内食事)なら10%の消費税と他の課税のケースと整合性を持たせるために例外規定を設けました。

 又、消費税アップを実質据え置くために、小型店での食料品の買い物した場合、キャッシュレスの支払いなら2ポイント還元して実質消費税アップの据え置き、現金支払いはポイント還元なく実質消費税のアップです。

 政府としてはキャッシュレス化の割合が非常に少なく世界の流れから置いて行かれる焦りが出たんでしょうね。

 キャッシュレス化が進んだ韓国はカード決済が消費の90%近くに上り、今現金がなくてもカードで欲しいものが買えるという安易な消費態度で国民の過重債務問題解決が重要な課題だそうです。

 今のように過重債務を抱えていると新たな国内消費に回る金がなく失速懸念が増大しているそうです。

 昨日のテレビで、韓国の過重債務問題解決のために政府が銀行の債権を買い取り70%〜90%の債権カットを行い重い鎖を解放しているそうです。

 中世の徳政令ですね。

 テレビに登場した人物は90%の債権カットを認められ、3年間粗食に耐えてきたといって早速焼肉屋へ行って特上の骨付きカルビを頬張っていました。本人は「政府の思惑通り新規の消費活動が生まれたと嘯いていました。完全なモラルハザードですね。

 キャッシュレス化も40〜50%が健全ではないかと思いますが、その道の専門家はそんな中途半端ではクラウドでの大量情報化社会に後れを取り、情報後進国になって世界の流れから取り残されますよと言うんでしょうね 

 今日のテレビでチラッと聞こえてきたのが、ノンアルコールビールは8%です。

 今までの省令やなんかで例外規定を作りすぎたものですから、それとの整合性でまたまた例外規定を乱発です。

 例外規定を乱発して難しくすると仕事が増えて人員が足りないと人員増を要求しやすいでしょう。

 例外規定がややこしくなると説明を求められて、自分が優位に立ったような錯覚を覚え快感なんでしょうね。(馬鹿みたい)

 新聞は月極めの宅配は早々に8%据え置きを勝ち取ったものですから、あまり政府の攻撃はしないでしょうね。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 

 

2018年 09月07日 朝は秋の風。

 

 近畿を駆け抜けていった超大型台風、熱帯低気圧になっても北海道に被害をもたらしたと思っていたら震度7の地震に見舞われ、北から南まで復旧対策に大忙しの官邸です。

 自民党総裁選告示=実質の次期首相の選挙。

 マスコミと野党は石破さんを躍起になって応援しているようです。

 何故安倍一強ではいけないんでしょうかねぇ〜。

 何故マスコミは冷静に安倍さんの実績を評価して判断を下さないんでしょうかねぇ〜。

 安倍さんの二期目は世界に日本の地位を今までにないほどに高めてくれました。

 米中貿易戦争、北朝鮮拉致問題等、世界に向けて更に日本の立場をアピールする力は果たして安倍さん?石破さん。

 石破さんのあの暗い顔つき、あの上から目線のような変な目つき、世界にうって出れるのでしょうか?

 人それぞれと言いますが、石破さんを妄執の如く応援している元参院のドン青木幹雄氏、竹下派に亀裂を入れても石破さんを応援するその考えが分かりませんねぇ〜。

 石破さんを応援する人たちも何を見据えてての判断なんでしょうかねぇ〜。

 今日は、微熱が続き体調が優れませんのでこの戯言で失礼します。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 03月21日  雨 冷たい雨に桜の開花も足踏み。

 

 今日の日経に機密費の文書、国が初開示。「支出の9割領収書不要」の副題。

 今回の開示は内閣官房機密費で平均すると月1億円程度だそうです。

 何か涙の出るようなみみっちい金額だなぁと思いました。

 防衛省の機密がこんなみみっちい額でないことを祈っています。

 日露戦争当時、陸軍の明石大佐が帝政ロシアの革命前の混乱に乗じ、後方攪乱を助長するためにレーニンなど革命派に渡した工作資金、ヨーロッパ各国の工作員を巻き込んでの帝政ロシア軍の軍事情報を得るための工作資金を惜しげもなく使って日露戦争を勝利に導きました。

 その時に山縣有朋が明石大佐に渡した工作費が100万円、現在の価値で400億円。

 当時の国家予算が2億3000万円現在価値の9兆2000億円。現在の国家予算が97兆円。

 明石大佐が受け取った工作費100万円は今の感覚で4000億円位の重みがあります。

 国家存亡の工作費が400億円。良く思いきって渡したと思いますし、明石大佐も良く思いきって使い、日露戦争を勝利に導いた工作を行ったと思います。

 陸軍参謀本部参謀次長の長岡外史は「明石の活躍は陸軍10個師団(約18万人)に相当する」といったそうです。

 ドイツ皇帝ヴィルへルム2世は「明石元二郎一人で、満州の日本軍20万人に匹敵する成果をあげている」と言って称えたと言われています。

 これ程左様にインテリジェンスの重要性と効果が分かる話はありません。 

 ちょっとした数字が国の内情を知られて不利益を被るかも知れません。それが情報戦と思います。

 国家運営には知らないところで大きく秘密のお金が必要だと思います。

 今回の官房機密費の情報公開を求めた市民団体がどの様な背景があるか知れませんが、小市民感覚で機密費をあれこれ言うのは賛成しかねますしさもしいと思います。

 ただでさえ日本のインテリジェンスの貧弱さが言われております。 

 そうそう目くじらを立てずに寛容な気持ちを持っていただきたいと思います。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。

 

 

 

2017年 11月17日 晴れ 快晴。放射冷却で朝は冷え込む。

 

 最近の小池さんに対するアゲインストの風はますます強くなってきましたね〜。

 9月30日のブログ「大衆を甘くみちゃいかんぜよ」で小池さんへのフィーバーは弱まり希望の党はそんなに伸びないという事を書きました。

 10月22日の衆院選挙の結果は私の予想をはるかに超える惨敗でした。

 あの日から更に約1か月、小池さんへのアゲインストの風はますます強くなってきました。

 小池知事誕生の功労者の若狭さんは落選してからの小池さんの冷たい扱いで政治から足を洗いましたし、音喜多氏は小池さんの本性を見せられて袂を分かって行きました。 

 希望の党も存在感が薄くなり、自らの政治信条をかなぐり捨てて小池さんにひざまずいた民進党の人たちが仕切るようになりました。

 その人たちも、選挙前は当選したい一心で小池さんにすがったのに、小池さんの分が悪くなると一斉に小池攻撃をするという品性の卑しさを見せつけて、野党再編成(結局は民進党に残してきた金目当てでしょうが?)なんて言い出す始末です。

 この人たちも次回の選挙では品性の卑しさを大衆に見破られて落選でしょうがね〜。

 マスコミもあんなにチヤホヤしていたのに手の平をひっくり返した扱いです。

 池の墜ちた犬を棒でつついて苛めているのが今のマスコミの扱いですよね〜。

 落ち目になるとこうも手の平返しが激しくなるんですかね〜。

 尤も小池さんが「傲慢」と「自信過剰」と「他人を信頼しない」と言う、自らまいた種だから仕方ないでしょうが・・・

 あ〜やだやだ。人間落ち目にはなりたくないですね〜。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 

 

 

2017年 10月24日 曇り ほんの時々晴れ ​

 

 9月30日のブログに「大衆を甘く見ちゃいかんぜよ」の見出しで、衆院解散、希望の党結党、いつの間にか小池さんがリセットと称して都知事の仕事をキャンセルしてでも希望の党の党首に座り、私が動けば風が起こるのよと大きな態度でマスコミを賑やかしました。何だか変だぞ?

 その時の私の考えを書いて風の結果がどう出るか?選挙結果が出てから検証しようと備忘録的に書きました。

 下記はその抜粋です。

 

 私が動けば風が起こると傲慢にも思っているようですが、所詮はキャスターの衣装がいつまでも身にまとわりついており泥をかぶっても実行する人にはおもえません。

 民進党を見限った人たちの胡散臭さも大衆は見抜くんではないでしょうか? 

 その辺を大衆はぼつぼつ嗅ぎ取って希望の党は伸びないと思いますがね〜・・・・・・

 又、ここで小池ブームで希望の党に風が吹けばこの国は危ないですね。

 

 私の読みはごく常識的な選挙結果でした。希望の党の小池さんの読みからしたら大惨敗でした。

 金城湯池の東京選挙区でたったの一人、しかも小池さんの地盤の10区から出た若狭さんまでが落選と言う惨めさでした。

 国民は良く見てましたね。

 面白いニュースがネットに出てました。

 開票速報で司会を務めていたジャーナリストの田原総一郎氏が、番組中で視聴者からの意見として女子アナが「今は完璧でないが野党が酷すぎる。安倍総理はやりたいことをしっかり形にして欲しい」と言う意見を紹介したところ、途中で遮るように「ちょっと待って!野党が酷すぎるってどういう事なんだよ」と怒鳴ったそうです。更に女子アナが引き続き「野党に関してはこういった意見も紹介していいですか?」と返し、さらに「野党に関しては・・・」と続けようとしたところ、これも遮り「野党が酷すぎるってどういう事なんだよ」と激怒したそうです。

 いくら選挙結果が自分の読みから外れて大きく狂っても、それはプロとして一般大衆を上から目線で見下して風を読み切れなかった自分の不明を恥じる事が先で、番組中に激怒するなんて小池さんより傲慢で見苦しいすね。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM