2018年11月24日 晴れ。

 

 今日の大相撲、高安対貴景勝戦は今場所の一番の見どころではないかと思います。

 1敗を死守した貴景勝、2敗でなんとか踏みとどまっている高安。

 今場所は3横綱、1大関が休場の緊張感に欠ける場所でしたが、高安、貴景勝の奮闘で盛り上がりを見せました。

 今日は貴景勝が勝てば優勝決定、高安が勝てば優勝は明日に持ち越し言う取り組みです。

 この取り組みに何本の賞金がかかるかと期待していたのですが、期待外れの13本でした。

 結局、高安が勝って優勝は明日に持ち越しですが賞金を手刀を切って受け取った厚みの貧弱なことでガッカリしました。

 白鵬なんかは場所中に何回も重箱のように2束に縛った賞金を受け取っていきました。

 スポンサーには日本人の若手を奮起させようと言う意気込み、配慮がないのですか?・・・・・・・

 もう、「なとり」の珍味は絶対に食べないぞ!!

 永谷園のお茶漬けは絶対手にしないぞ!!

 ガックリ来た日でしたね〜。

 

 今日の明け方は激しい足のつりで目が覚めました。特に右足が激しく痙攣して身の置き所がないくらいでした。

 一生懸命自分でマッサージをしていると妻が目を覚まし一生懸命マッサージをしてくれました。

 小一時間ほどで大分治まりましたが、目が覚めきって寝付かれません。

 スマホでニュース見たりして時間を潰しました。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 

2018年11月23日 天晴れ晴れ。

 

 余りにも日差しが眩しく良い降り注ぎなので自然に体が動いてしまう。

 シメジをばらして天日干しにする。

 先日作った大根の柚子こぼしも売れ行きが良く無くなりそうなので、次の仕込みを始める、

 先日Aさんから頂いた大根を拍子木切にして天日に干して水分を抜くと同時に太陽の恵みで美味しくなるようにする。

 妻のリクエストで大根の葉っぱを刻んで、チリメンジャコ、桜エビと一緒に駿河湾炒めを作る。

 今日は妻がリハビリなので昼食はピザトーストとコーヒーを入れて待つ。

 午前中張り切りすぎてぐったりとなる。

 午後はソファに横になりゴロゴロしている。

 こんなにゆったりと相撲中継を見るのは久しぶりです。

 今場所は3横綱が休み寂しい場所となりました。

 そんな中で、一生懸命土俵を盛り上げているのが小結貴景勝です。

 貴景勝の取組前から3横綱休場で盛り上がりに欠ける場所ですが何かもう一つ心にストンと納得しません。

 懸賞の本数が少なすぎるんですね。

 白鵬、鶴竜のモンゴル勢の時は二束を縛って両手で頂くことがしばしばでした。

 妻はいつも「また日本円が海外へ流出していく」と叫んでいました。

  場所前の貴乃花部屋の廃業、千穂の浦部屋への移籍とごたごたが重なり心労も多かったと思います。

 そんなハンディを乗り越えて検討しているのが貴景勝です。

 貴景勝の取組の懸賞の本数も寂しいものでした。

 スポンサー企業ももっと日本人の若手の力士を励まして、ドカンと一束で良いですからあの厚みの懸賞を手刀を切って受け取れるくらいの太っ腹スポンサーは現れませんかね~。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 09月26日 曇り時々雨 今日も肌寒い。

 

 昨日、貴乃花が角界を引退と言うよりも石もて追われるが如くの追放劇となりました。

 モンゴル出身角界の横綱ボスの大ごねで貴乃花も返り血を浴びてしまいました。

 日馬富士に次いで二人目の犠牲者です。

 初代若乃花、初代貴乃花、今の貴乃花、若乃花兄弟の3代にわたって角界を盛り上げた恩顧よりも、今客を呼べるモンゴル出身の横綱ボスの人気に八角理事長はあびせ倒されたのでしょう。

 強さだけが相撲道の王道ではない気がします。その強さも立ち会い時の殺人サポーターのかち上げ、猫だまし、星のやり取り等やりたい放題の事をやって優勝回数を積み上げてきたのでしょう?

 生一本の貴乃花にとっては同じ空気は吸いたくなかったのでしょう?

 陰鬱な追放劇まで用意されて、陰で脅しをかけられても最後の一線は譲れないと引退を決意した事でしょう。

 角界に残りたいばかりに相撲協会の理事会の意を汲んで妥協したら、体は生きていても貴乃花の今までの人生での生き様の死で、生き恥を晒して生きていかなければなりません。

 それは誇り高い貴乃花にとっては死よりもつらい事だったでしょう。

 天網恢恢疎にして漏らさず。

 因果応報。今の相撲協会の理事長以下各理事たちも、気が付かない間にダーティな相撲道に嫌気をさしたファンに見限られて慌てふためいた時にはもう後の祭りです。

 意外と大衆は本質を見極めるものです。

 一日経ってみると貴乃花の悪い癖も報道されるようになりました。

 自分自身への思い込みが強く、自分で考えたことはもう周りには話済みとなっていたり、充分理解してくれていると思い込み、弟子たちの受け入れ先と決めた千賀の浦親方にも短い電話一本で済まして充分理解してくれたと思い込んでいたりと、世間の一般では考えられない対応でした。

 時間が切迫していたとは思いますが、千賀の浦部屋に足を運びきちんと手をついてお願いしていればもつれた一本の糸は無くなっていたでしょうにと残念ですね。

 

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 08月20日 

 

 秋田県にいささか縁がありまして、友人も何人かおります。

 決勝進出を決めた月曜日、皆さんに「決勝進出おめでとうございます!祈る優勝」

 団地のテニス仲間時代の古い友人から返信メールが届きました。

 「有難うございます。わが母校です。在京の副会長なので感激ひとしおです。明日甲子園に行きます」

 この方には昔、コート脇で飲んでいた時に「私の弔辞を読んでね!」お願いしていました。

 半年ほど前にも、「あの時の私の弔辞約束お忘れではないでしょうね。まだ生きてますからね!!」と念を押したところでした。

 縁、奇遇。びっくりしました。 

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 07月21日 今日も暑い一日。

 

 御嶽海、初優勝!!おめでとうございます。

 秋田の旧友からも喜びのメールが飛び交いました。

 御嶽海の出身地、上松町は私の故郷、旧「洗馬村」からは距離的にはかなりありますが、故郷のあちこちに「木曽殿の馬洗う里・洗馬」という大きな石碑が清水が湧き出ている場所に建ってます。木曽殿=木曽義仲

 私の故郷は木曽路の出口なんです。

 木曽路はとても身近でした。

 妻は戸隠で新潟県境、木曽路は岐阜県境でかなりの距離があり信州出身と言う漠としたものですが、私にとってはお隣さんの感覚です。

 それだけに嬉しかったですね〜。

 夕食時妻よりのメールが入りました。

 秋田の旧友から送っていただいた「雪の茅舎」の封を切り、旧友の東洋大後輩の御嶽海の本場所初優勝、信州出身の御嶽海の初優勝を祝って祝杯をあげました。

 今日は団地の夏祭り。

 長女一家、次女一家も集まり賑やかな乾杯だったそうです。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM