2018年 03月31日 晴れ 花冷えの朝夕。

 

 3月も今日まで。もう3カ月が過ぎたのですね。

 産経新聞で昨日までで5回にわたり、相沢病院理事長・相沢孝夫氏の(話の肖像画)が終わりました。

 バブルの崩壊から時代の変化で、相沢理事長はあわや倒産の一歩手前までの修羅場を乗り越えてこられたんですね。

 時代の流れの先の病院のあるべき姿は確固たる青写真を持っており、妥協をせずに一つずつ丁寧に乗り越えてこられてのが今の相沢病院であり、けれんみのない自然体の相沢理事長の人柄なんですね。

 小平奈緒を採用したのも、なんとか長野県で就職し、長野県で頑張りたいと言う小平選手の希望に、今の相沢病院なら小平選手を無理なく雇用して、無理なく海外遠征費用などもサポートできるという、さりげない自然体での決断でした。

 修羅場を乗り切って心穏やかに達観なされた方の境地なんでしょうね。

 この相沢理事長のさりげない自然体の温かさが、平昌オリンピックで小平奈緒選手の好敵手・2位になった韓国の選手へのさりげない優しさとお互いにベストをつくした讃えあいだったのでしょう。

 この1週間多少のご縁のあった相沢病院理事長・相沢孝夫氏の一文で勉強させていただきました。

 

 《相沢理事長の最終章の文章の締めくくり》

 彼女を支えるため無理したこともないし、広告塔になってほしいとなんてことも考えていなかった。今も考えていません。

 ごく自然の流れがいまにつながっているだけなんです。どこの院長や理事長も味わえないことを味わわせてくれて、職員も患者さんも喜んでいます。

 僕の思いは一言だけ。小平さん、ありがとう。それだけです。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。

2018年 02月20日 晴れ 風弱し。

 

 スピード・スケート500mで小平奈緒がオリンピック新記録で優勝しました。

 滑走の姿の美しさ、次に滑る韓国選手の為に自分への歓喜の応援に口に手を当て「お静かに!」のサイン、そしてウィニング・ランの時、2位に敗れて涙していた韓国の李相花選手に駆け寄りハグをして慰め励まし一緒にウィニング・ランをした姿、その優しさに酔いしれました。

 スポンサーの松本・相沢病院の理事長・相沢孝夫氏のインタビューを見て、妻と二人で結婚式の事を思い出しました。

 妻は相沢病院に勤務しながら「松本看護学校」へ通い正看護師の試験を受けて、合格発表を見ないままに私と結婚しました。

 当時、妻は若いのに院長に目をかけられて院長付きの看護師の真似事をしていたみたいです。

 主賓の相沢病院院長(現相沢病院理事長・相沢孝夫氏の父で孝夫氏が良く似ていました)の挨拶が一風変わっていまして今でも記憶に残っています。

 その主賓挨拶のさわりは、「清水君(妻の旧姓)今からでも遅くない!結婚を思いとどまって当院に戻ってきて欲しい!!」

 相沢院長の人徳でしょうか?このクレイジーな挨拶にに対して何事も起こりませんでした。

 それだけ妻への期待が大きかったのでしょうか?

 懐かしい思い出が、小平奈緒選手の金メダルで思いださせてもらいました。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 02月16日 晴れ 朝夕は冷え込む。

 

 いやぁ〜!!羽生結弦選手、見事な復活でしたね!。見事すぎました!!

 凛とした優美な演技、キレのある演技、歌舞伎役者も顔負けの大見え風の決まり方。

 余りの素晴らしさにテレビの前で思わず感動の涙が出ました。

 未だ感動の涙が枯れていなくて良かったです!

 怪我による2カ月のブランクが信じられない動きでした。

 華やかで小気味よいキレのある動きに只々脱帽!

 本当に絵になるスーパースターですね。

 宇野昌磨選手も大活躍ですよね。

 昼間からこんな素晴らしい演技のLIVE中継を見ていられるなんて、定年退職者だからの恩恵。

 働いている若い世代の方々に感謝して、感動に酔いしれていました。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。

 

2018年02月13日 晴れ 後 曇り 風が冷たい一日。

 

 高梨選手があの悪天候の中、見事なジャンプを決めて銅メダルに輝きました。

 日本中が彼女の肩に金メダルの重圧をかけていたので、ソチの二の舞にならなければよいがと心配していました。

 銅メダルが確定した後の高梨選手の表情を見て、金メダルが取れなかった悔しい顔よりも、全てを出し尽くした後の銅メダルを素直に喜び、肩の荷を降ろしたホッとした爽やかな表情にこちらもホッとしました。

 あれだけの重圧に耐えてきた21歳に思わず乾杯!!

 それにしても、一流アスリートの言葉は我々には思いつかない良いコメントですね。

 最後のジャンプは競技人生の中で一番納得のいくジャンプで次に繋がるジャンプでした・・・

 目標は金メダルだったがまだその器ではないんだなと痛感した。次の北京で今度こそ金メダルを取って、応援してくれる人たちに感謝の気持ちを伝えたい。

 言いコメントですね〜

 素直な性格ですね〜

 

 人気ブログランキングへ 

 久しぶりにランキングを張り付けました。

 宜しくクリックお願いします

2018年 01月19日 晴れ 後 曇り

 

 とうとう白鵬が世間の冷たい風の重圧に負けて休場してしまいました。

 意外と気が小さかったですね。

 もう1敗位したら、張り手と、かち上げ=エルボと言うんですね。かち上げよりも酷い手で相撲協会が良く今迄赦していたと言う人がいました。

 あれだけ非難を浴びていたのに、稽古総見の時にも張り手を使っていたので、なかなかワルに徹していて初場所は話題豊富な波乱の場所になるなぁ〜と期待していたんですが期待を裏切られました。

 負けが込むといよいよ禁じ手と言われていた張り手とエルボを出して勝ち星を拾うのかなと思っていましたが、体はデカいが小さいガキでしたね。

 最近の白鵬は負けた時に支度部屋に帰るテレビ映りが酷い顔付ですね。

 最高位を極めた人の顔とはとても思えません。

 4〜5年前までは良い顔をしてましたのにね〜。

 道を究めた人の顔には品格が出ています。勝っても負けても泰然自若、春風駘蕩で変わらない筈ですが、本物の相撲道を極めていないですね。

40回の優勝も半分以上は禁じ手?の薄汚れた記録ではないのかなぁ〜〜。

 稀勢の里も体はデカいが、優等生の蚤の心臓ですね。

 久し振りに出た日本人横綱と言う言葉に気負って、出場するが負けが込んで休場を繰り返しています。

 思い切って全休して連続休場の新記録を作って体を直し、隠れては比叡山の千日回峰の如く山籠もりして足腰を鍛えてから颯爽と登場っして優勝すればかっこいいのになぁ〜。

 今場所の唯一の楽しみは御嶽海の負け無しの6連勝です。どの位の星で終わるんでしょうね?

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM