2018年 06月08日 晴れ

 

 6日水曜日に仮釈放されました。

 我が家はいいですね〜。

 妻も大喜び。

 取り敢えず毎日外来に通い抗生剤の点滴を受けるのが条件でした。

 期間はおおよそ1週間程度。

 再入院後は諸悪の根源の肝臓の膿胞を取り除き、早い時期に抗がん剤治療に移りたい。

 退院して3日間我が家で食事したのですが、免疫力を高める食事、以前ブログに書きました、主治医が思案投げ首ならば自分で免疫力を高める努力をして気力で治そう!

 毎朝、肝臓に手を当てて、突撃!!と自身に叫んでいます。

 前回の仮退院の時は午前中無理しない程度に動いて午後も昼寝なしでちょこまかと動いていると、夕方から熱発して夜には39度前後まで上がり解熱剤のお世話になるような毎日でした。

 今回は、心に期するものがあり気力を高めると今日のように、朝から孫のリクエストの豚の角煮を作り、山形風玉こんにゃくを煮てから病院へ行き点滴を受け、主治医の診察があり帰宅したら2時半。

 妻の買い物のお付き合いをして、ついでに私の下着も調達して1日動き回っていましたが夜の検温は36度8分で36度台をキープ。足のがたつきを除けば気合も結構効いているのかなぁ〜、なんて自己満足しています。

 この調子を心底維持したいですね〜。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 05月08日 明け方まで雨 日中は曇り 宵の口より雨 3月並みの肌寒い日。

 

 食道静脈瘤破裂で緊急入院し、仮処置で連休中を過ごす。

 連休明けきちんと正規な処置をしていただけるかと思っていたら、「緊急度の高い順に連休明けに処置しています。百瀬さんのは軽度ですから木曜日頃になると思います」本人は大吐血?してびっくりし重症だと思っていたのですが、プロから見れば軽症ですって。

 今日は一日暇になりました。

 私にとってはゆったりの日ですが3月並みの肌寒い日に、高校の同期の友人が6人がお見舞いに来て頂きました。

 皆さん夫々に病気を抱え、つくばの君は消化器系、川口の君は軽い脳梗塞を患いその後メヌエルを病み行動を起こす30分前には乗り物酔いの薬を飲んで歩行第1歩、八王子の君は癌で今は元気ですが、杉並の君も膝痛で歩行がつらいと思いますが、船橋のN君は元気そうですが矢張り病院通い、一番無事これ名馬は船橋のK君で余り病気のことを聞きませんが口が悪いみたいな風評です。

 夫々の友が難儀を抱えてきてくれたことに感謝です。

 難儀を抱えながらも今月末白樺湖近くの姫木平で同期生が営むペンションで毎年開催されるディナー&ミニ文化教養講座に出かけられるだけ立派です。

 今年は残念ながら欠席になってしまいました。

 久しぶりの友との会話でストレスも解消、心地よい疲れも覚えて今晩は熟睡でき、良い夢路を辿れそうです。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 

 

 

2017年12月12日 晴れ 時々 曇り 風が冷たかったですね。

 

 昨日は上諏訪温泉1泊で中学校の同級会でした。

 10年位前までは、同級会を修学旅行で行った京都1泊でやったり、熱海へ行ったことが無い人が大勢いて熱海でやったり、信州から千葉の鴨川まで来て1泊したりと、参加者が18〜24人(52名)と盛大にやっておりました。

 洗馬中学校は3クラスありC組が一番素行が悪く札付きのワルが集まっていました。

 教師になりたての若い音楽の先生は授業にならず涙を流しておとなしく授業を受けてくださいと懇願したこともありました。2回は大人しくしてましたが、それが当たり前みたいな顔をし始めたらクラスの三分の一は窓から教室を抜け出す始末です。

 そんなワルの集団のクラスが、卒業すると一番まとまりがよく、高校生のころから毎年同級会をやっておりました。

 ほかのクラスは殆んど同級会をやっていないみたいです。

 そんな仲間も寄る年波で、今年は13名(直前に1名緊急入院でキャンセル)で少しばかり淋しい集まりでした。

 でも、病気を抱えても出席できるだけ幸せです。

 久しぶりに出たいが体が言うことを聞かずに欠席と言う友もいて、近況を聞くと早く元気を取り戻せや!とエールを送りたくなります。

 欠席する本人が一番辛いでしょうね。

 帰りは夕方5時から新宿西口のいつもの寿司屋さんで、高校郷友会、奈良井川(信濃川の源流)の畔を故郷に持つ「清流会」の忘年会でした。

 上諏訪温泉からの帰途、中央線で新宿に降り立つのに素通りしたのがばれれば追放処分になりかねません。

 疲れた顔を見せずに笑顔で「今晩は!!」

 病み上がりとは思えない元気な顔つきと声だね〜。と声をかけられました。

 皆さん、それなりに私の事を心配してくれておりましたので、無理して顔出しさせて頂き私もホッとしました。

 同期の6人にも10月の後半に東京同期会で顔を合わせたのですが、コンペの欠席などで顔合わせの回数が少なくなんとなく久しぶりですね〜と挨拶してしまいました。

 少し早めにそ〜〜っと失礼してきました。

 お蔭でブログもアップ出来ました。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。

2017年 11月18日 雨 寒い一日。

 

 少し時間の余裕が出てきたので、半月ほど前に買ってきた今年のノーベル文学賞受賞の「カズオ・イシグロ」氏、翻訳が高校同期生の「土屋政雄」氏の「日の名残り」のページを開きました。

 先日の同期会でも土屋氏の訳は日本語が綺麗だよと言う評判が高かったものですから、本屋に山積みされていたイシグロ作品のコーナーで買い求めてきました。

 主人公はイギリス貴族の邸宅の執事。

 彼の一人称で物語は続いていきます。

 貴族の館の執事としての慇懃無礼と従僕としての卑屈さを見事に言葉を使い分けて初老執事の人物像を浮かび上がらせています。

 同期会で聞いた訳の言葉の巧みさを味わっています。

 しかし、日本人にとって執事と言う職業は全く別世界で身近ではありませんから、かなりの知的好奇心旺盛でない限り、ストンと腹に収まらず読み進むのに苦労します。

 飛ばし読みすれば意味不明になりそうで一行一行を丁寧に読んでいくので、読破に時間がかかります。

 第二次大戦後のイギリスの夕暮れと、貴族の夕暮れと、其れに歩調を合わせて慇懃無礼の融通の利かない堅物の執事の夕暮れのまだ完全に日が落ちていかない其々の栄光の日の名残りを書いている小説と思います。

 まだ今日は三分の一読み進んだだけで偉そうに書くにはためらいますが、現在までの感想です。

 忍耐!忍耐!

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

2017年 10月29日 雨  台風22号接近で午後から強い雨。

 

 昨日は高校同期会に出席の為ブログを休ませて頂きました。

 不思議ですね〜。

 スッとあの頃にタイムスリップして話が弾むんですからね〜。

 今年はノーベル文学賞受賞カズオ・イシグロ氏の作品の翻訳者の同期生の土屋政雄氏がメッセージを寄せてくれました。

 高校は9クラスありました。

 クラス毎に持ち回りで幹事をやり、いよいよ来年は我がクラス6組が幹事です。

 10年前は過去最多の72名が集まってくれました。

 昨年に続き、今年も「6組は80人集めるぞ〜」テンションの高い人が叫んでおりました。

 今年も信州から3名の参加で総勢9名、最多の出席となりました。

 A君はパーキンソン病を患い歩行が困難にもかかわらず、来年は6組幹事だから俺が出なくてどうする。と言うくらいの意気込みで参加してくれました。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM