2018年 06月16日 雨、後曇り 今日も梅雨寒の一日。

 

 今日の点滴は休日のため救急センターで行う。

 先週、点滴針が5日間持ち新記録を作りました。

 昨日は7回刺してワースト記録を作りました。

 病棟に入る時、先週の看護師さんが勤務だといいなぁ〜と思いながらドアを開けると、何と何と先週の看護師さんが来てくれました。

 「先週の点滴針は5日間持ちまして、長い闘病生活で永続新記録でした」と喜びを素直に伝えました。

 看護師のFさんも喜んでくれて「じゃぁ 今日も長持ちする血管を探しましょう」と言って、早速左手を診て「何回も点滴針を刺した痕跡があり矢張りさす場所が限られてきますねぇ〜」と言って、暑いタオルで左手を温めて血管を浮き上がらせてくれました。

 1回で見事成功!

 慎重な彼女は点滴液を流してしばらく様子見をしてくれました。こんなに丁寧なアフター・フォローは初めてです。

 「今日一日だけならこの場所でも良いのですが、少なくとも三日以上持たせるとなると皮下で漏れる心配があります。もう一回トライアルさせてください」と慎重に血管を捜し二回目も見事一発で成功。

 「ここなら何回か使えると思います」

 思わず看護師のFさんに「ご丁寧な仕事有難うございます」と三回位感謝の言葉を述べました。

 ただ点滴針を刺せばいいやと一回限りの仕事をされ、しかも刺すのに何回も失敗されている私にとって、Fさんは地獄に仏で手を合わせたいくらいの喜びでした。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクックお願いします。

 

2018年 06月15日 曇り時々雨。梅雨寒の一日。

 

 仮退院から10日が過ぎました。

 毎日外来で抗生剤の点滴を受けに病院へ通ってます。

 この前の日曜日に緊急外来で点滴を受けたときは、丁度良い場所にあたったのか、看護師さんの腕が良かったのか点滴の針が奇跡的に5日間持ちました。入院している時でさえ3日間持てばよい方でした。

 今日は点滴針の入れ直し。

 若い研修医が来ました。

 右腕2回、左腕2回刺して失敗。5回目は手の甲でした。

 手の甲は血管がはっきり見えていますから安心してましたらこれが見事失敗。この失敗は手の甲にパンケーキを張り付けたみたいに内出血で膨らみ、紫色に変色を始めました。

 思わず「血管は見事に見えていたでしょう?」と嫌味を言いました。

 耐え切れずに女医さんを呼びに行きました。

 この女医さんも見事失敗。

 2回目はありありと血管が見えている手の甲に刺しました。

 1日で7回のトライアルは初めてです。従来は入院中に矢張り研修医が5回トライアルしたのが記録です。

 確かに私の血管は細く、しかも蛇行していたり時には突然枝分かれをしていて突き抜けてしまい内出血です。

 点滴が終わり主治医の診察。

 失敗した点滴跡に絆創膏を貼ったままで診察を受けました。

 「もう刺す処がないのかね〜。あと1週間外来で点滴を受けてもらい再度CTを撮って今後の方針を決めようかと思っています。最悪の時は私を呼んでください」

 昨日撮ったMRIの画像では膿の塊が小さくなったのか良く見えません。ただし血液検査の炎症値はそこそこに高いから化膿していることは事実です。悩ましいですね〜〜。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 06月13日 曇り時々晴れ。

 

 仮退院して約1週間。

 自宅の食事も最初は従来の三分の一の量を丁寧に噛んで飲み込んでいましたが、1週間もすると食道の手術のことを忘れてパクって大口を開けて従来通りの量を口の中に入れてしまいます。

 いざ飲み込むと食道につっかえて目を白黒。慌てて冷蔵庫に水を取りに行ってゴックン。

 其れからは、常にコップ1杯の水を非常用としてテーブルに用意しておきます。

 錠剤の服用にも苦労してます。

 朝、夕は8錠の服用です。4錠づつ2回に分けて飲み込んでいますが、なんだか喉に1〜2錠が引っかかっている感じでスッキリしません。

 テレビCMでやっている(株)龍角散の「らくらく服薬ゼリー」を買ってきて4錠づつに分けて飲んでます。

 それでもたまには喉に引っかかっている違和感に悩まされております。

 たまに大口を開けて従来通りに口に運びますが、基本的には従来の二分の一から三分の一の量をよく噛んで飲み込んでいますので、食事量がピーク時の65%〜70%の量でお腹が一杯になります。

 今日も体重を量ってみたのですが、70KGのラインを割り込んで68.5KGで60キロ台をキープしてました。

 入院中テレビCMで味の素の回鍋肉を大きな口で目一杯ほうばるしーんがありました。

 あれを見て、退院したら回鍋肉を作るぞ!!と意気込んでおりましたが、肉は従来の三分の一にカット、キャベツも従来の半分くらいにしないと喉を通らない現実を見て、回鍋肉を作ると余計にストレスが溜まると思い止めてしまいました。

 今は、自己免疫力を高めるという、「納豆に山芋、メカブのネバネバ三銃士」「冷奴」旬の「玉葱のスライス」などが良く食卓に上ります。

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 

 

 

2018年 06月12日 雨のち曇り

 

 9日の土曜日は長女一家、次女一家が揃い、全員集合で私の退院祝いになりました。

 1週間おきに見舞いに来てくれた長女の処の小6のT君に「いつもお見舞い有難う。退院したらお爺ちゃんが豚の角煮を作って御馳走するね!」と約束していたものですから前日の金曜日から煮込む。

 久しぶりの角煮だからと普段より多めに作りました。

 土曜日、T君が角煮を見て「ヤッタ〜。おじいちゃん有難う」と大変な喜びよう。

 みんなの角煮は大鉢に盛り付けました。

 T君にはT君専用の盛り付けにして「遠慮なく思い切り食べな!お変わりもあるからね」気持ちのいい食べっぷりで作った甲斐がありました。

 小1のSちゃんには、鳥の骨付きリブを塩麹に漬けて焼いてあげました。

 こちらもお兄ちゃんに負けまいといい食べっぷりでした。

 次女の処のNちゃんはTちゃん、Sちゃんの真似をしていろいろなものを口にしていました。

 今回は、食卓のセッティング、食後の器の洗い物を娘たちがやってくれたので体は楽でしたね〜。

 

 自宅に帰って来て約1週間。

 今までの退院とは違い気が充満してくるのが分かるんです。

 足腰の弱っているのは仕方ありませんが、妻と秋口の伊勢参りの話をしていると何とか実現しなくては気合が入り体に気が横溢してくるのが分かります。

 今までの退院は常にボーっとしていたみたいですが、今回は気が充実してます。

 このまま挫折しませんように!!!

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。

2018年06月09日 曇り 夜が寝苦しい。

 

 今回の入院は食道静脈瘤の緊急手術のため食止めの日数が多く、しかも食事が出ても重湯の期間が長くその後の三分粥も期間が長く続きやっと五分粥になったと思ったら1日だけで本手術が始まり、又食止めになる。そして重湯が始まりましたが結構期間が長く続きました。三分粥の期間も長く、一時退院の希望をだし、検査をして「大丈夫でしょう。その代り毎日抗生剤の点滴に外来に通ってください」と言う事になり、慌てて五分粥が始まり通常食は3日間で終了。退院となりました。

 今回の入院は食止めと重湯、三分粥の期間が長く見る見る体重が減るのがわかりました。

 腕にしわがよります。太腿にもしわしわが出てきます。

 体重測定の日、我が目を疑いました。

 67.8キロでした。ピーク時の16キロ強のダイエット効果です。

 35年振りの60キロ台です。

 60キロ台になって良かったことは、お腹が邪魔せずに足の爪が切りやすくなりました。

 背中に手が回るようになりました。痒い時に便利になりました。

 ウェストは測ってないですが、今までのズボンは拳が一つ以上余ってダブダブです。

 風が吹けば飛ばされるような錯覚に襲われます。

 我が家に帰って来て来て4日目、辛うじて60キロ台をキープ69.6キロ。

 70キロに突入するのは時間の問題です。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM