2018年 09月19日 晴れ、風は冷涼。北の高気圧の風。

 

 この処、「空咳」に悩まされています。病院から処方された咳止めは麻薬入りだそうです。

 全身が桜えび状態になる発疹が現れる薬疹で2回程緊急入院をしておりますので、麻薬入りの咳止めは避けています。

 龍角散を飲んでいますが余り効果はありません。

 咳は体力を消耗するんですよね。

 最近はお腹が膨らんできた感じになったり、従来の半分以下のご飯の量でも満腹になり食欲がわきません。

 食が細くなってくると膝に力が入らず足がふらつきます。

 この症状が足のつりを防ぐために処方された「芍薬甘草湯・しゃくやくかんぞうとう」の副作用です。

 空咳がだんだん酷くなり、喉からお腹に響くようになり食欲不振と直ぐの満腹感を覚え余計に食欲が落ちます。

 ネットで「芍薬甘草湯」の副作用を調べたら「空咳」が出てきました。

 胃の食欲不振も空咳から来ているか?

 喉から胸、胃の上部までを鎮痛消炎剤の貼り薬を貼ってみました。

 痛みは軽くなってきました。

 夕食時妻から「咳の回数が減ってきた感じね」と言われました。

 一難去ってまた一難。悩ましい事ですね。

 流石の陽気なやっちゃんも笑顔が途切れがちになります。

 アハハ!ワハハ!と豪快な笑いを早く取り戻さねば!!

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

2018年 09月18日 晴れのち曇り。午後風の向きが変わりひんやりする。

 

、淡路島のフルーツ玉葱を頂きました。サラダにしてみたら甘みがあるのが解りました。

 これは勿体ない、北海道から取り寄せているマリーネを作ろうと一大決心をしました。

 先週の土曜日15日に「スモークサーモン・マリーネ」を作りました。

 玉葱をスライサーで薄目にスライスして皿に盛り付け、レンジで8分チンしました。玉葱が8個ほどでしたのでレンジは2回動作させました。玉葱は透明に近く、あめ色に変わる寸前くらいにうまくチンが出来ました。

 きっと甘みが十分引き出せたと満足、満足。

 こんな日が来るだろうと、昨年の年の瀬に品川駅構内にあるオリーブオイルの専門店に行き極上のエキストラ・ヴァージンのオリーブ・オイル、5年物と8年物の白のバルサミコ酢を各1本づつ買い求め用意しておきました。

 白のバルサミコ酢は明治屋でも安物しか扱っていません。

 赤のバルサミコ酢ですとマリーネの玉葱の色が茶色に汚く色がついてしまうんです。

 白ワインビネガーも煮切って角を取っておきました。

 スモークサーモンも切り身の皮を取り、適当な大きさにスライスしてマリーネ液に漬け込みました。

 足が怠くなり途中から椅子に腰かけて休み休み作業をしましたが、結局夕食後も仕込みを続けました。

 さあ!この夜が大変でした。

 夜中の二時頃から、足はつるわ!手の平もつるわで大変な目にあいました。

 妻が一生懸命マッサージをやってくれて、激痛が和らぎ、我慢できる痛さまで回復していました。

 翌日は、睡眠不足と足の倦怠感で一日中ベッドでごろごろしていました。

 この中一日の休息が体を休め、夜中のツッパリも殆んど気にならないくらいに軽減されました。

 病気を素直に受け入れて、一日3時間くらいの台所仕事にすると夜中のツッパリもかなり軽減されます。 

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。 

2018年 09月15日 雨が降ったり止んだり。

 

 今年も残すところ3か月半。

 歳の初めに毎年恒例の「日経おとなのOFF」という雑誌の「2018 美術展ハンドブック」を買い求め、「今年はどんな展覧会があるだろう」と胸をときめかせてページをめくっていきます。

 そして、今年の絶対外せない展覧会に◎、出来るだけ都合をつけていきたいなぁという展覧会には○をつけてカレンダーに印をつけておきます。

 今年は貴重な展覧会が開かれる、稀にみる当たり年でした。

 それが1月から入退院を繰り返し今年は1回も美術館に足を運ぶ機会がありませんでした。

 東京国立近代美術館 熊谷守一 没後40年 「生きるよろこび」

 国立新美術館 「至上の印象派展 ビューレル・コレクション」の有名なルノアール「イレーヌ・カール・ダンベール嬢」

 国立西洋美術館 「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」

 東京芸術大学美術館 「東西美人画の名作《序の舞》への系譜

 東京国立近代美術館 生誕150年 横山大観展

 これらの展覧会を見逃したのは悔やんでも悔やみきれません。

 これからの必見の美術展は

 東京都美術館 「没後50年 藤田嗣治展」10月8日迄で残りの日数がありません。

 国立新美術館 「生誕110年 東山魁夷展」

 国立新美術館 「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」

 上野の森美術館 「フェルメール展」これだけは何としても行きたい!30数点しか現存しない作品のうち8点が来日。初来日もあり

 国立西洋美術館 「ルーベンス展 バロックの誕生」

 

 残り日数が後わずかの「藤田嗣治展」に何とかして行きたいと、13日千葉まで出かけてみました。

 絶望的でした。13日の夜は一晩中足がつって眠れませんでした。その余波が今日まで響いて足が怠いんです。

 これではとても展覧会会場を気分よく鑑賞する体力はありません。残念無念です。

 今年は1回でも東京へ出かけて展覧会を観れるかしら????

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。 

2018年 09月14日 朝方雨、のち曇り。

 

 朝、8時過ぎにクロネコヤマトの配達が来ました。

 松本の友人から葡萄が届きました。

 早速包装を解き、クッション材も取り除くと、あの懐かしい「ナイアガラ葡萄」の甘い独特の香りが部屋いっぱいに広がりました。

 気分はすっかり高校時代、自転車通学で自宅から塩尻駅の往復は、この時期ブドウ園の続く道を走りました。

 甘い香りの中を胸いっぱいに「ナイアガラ葡萄」の甘い独特の香りの中を走りました。

 この葡萄は、皮が薄く弱いために地方発送が出来ないので、道路事情が良くなっても関東の店先には並びません。

 松本在住の長姉が毎年送ってくれていたのが、今年は体調不良で取りやめになり、がっかりしていた矢先の友人からの「ナイアガラ葡萄」に感激、感動、早速むしゃぶりついて幼き日にタイムスリップをしました。

 諦めていた「ナイアガラ葡萄」でしたので嬉しかったですね。

 

 昨日は退院以来気分が乗りましたので、千葉駅から徒歩7分の我が家のお墓がある(立体駐車場タイプ)祖敬堂のイベントに行ってみました。

 田舎の葬式は仕切り屋さんがいてその人が話を進めてくれますが、こちらにいると全く経験がないので?チンプンカンプンで様子が分かりません。

 妻の強い要望で参加してきました。

 葬儀の流れと大凡の予算が解り、不安が一部だけですが解消しました。

 まだまだやる事が一杯残っているなぁと納得しました。

 帰りに干物の美味しい店「大川水産」が再開したとのことで立ち寄ってみました。

 たいして歩いたわけでもなかったのですが、夜中11時頃から明け方まで手足のツッパリに悩まされて、睡眠不足と耐力消耗で本日は一日中寝ておりました。

 全く行動意欲がわかず、昨日の話の纏めもやる気なしでグータラしていました。

 食欲も全く出ずに、胃を休めておりました。

 送って頂いた葡萄でブドウ糖を補給してました。

 驚くべき体力の低下、500m?位しか歩いていないような気がしましたが?・・・・・・

 

 人気ブログランキングへ

 ここをクリックお願いします。

 

 

2018年 09月12日 今まで暑かったので今日の風は体にこたえます。

 

 今まで暑かったので今日の北よりの風は初冬のような寒さに感じます。

 体は正直で朝から足のツッパリと手のツッパリが出て悩まされます。

 手のツッパリは指のツッパリです。指が固まってしまい指と指がくっ付いて硬直し字も書けない状態です。

 つい2〜3日前までの暑さで冷たい物の摂り過ぎで体が芯から冷え切っているんでしょうね。

 夜、寝るのが怖いですね。明日の明け方の突っ張りの痛さが頭をよぎります。

 妻に買ってあげた「薬はイラナイ!体を温め、病気を治す」という本を本棚から引き出して読み始める。

 明日からてっとり早く生姜湯を飲んで体の芯から温めることにしましょう。

 今日は手のツッパリが酷く、手袋をはめてキーボードを叩いてますが、隣のキーに触って誤字だらけになり修正してますが、時間が掛かってイライラします。

 土曜日には蘇りもう少しましなブログにします。 

 本日はこの辺で失礼します。

 

 人気ブログランキングへ 

 ここをクリックお願いします。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM